ハワイ旅行の注意事項 なんでも渡されたものをもらわないように!


ハワイ旅行時には街頭でいろいろ渡されることがあります。 でも、避けるのがベストです。

日本人の習性

日本では、街頭でティッシュを配っていたり、チラシを配っていたりして、それを受け取ってもとくにデメリットはありません。 モノが増えるくらいでしょうか。 だから多くの日本人は、街頭で配布されているものを受け取ってしまいます。

でも、ハワイでは注意してください。 “断る”ことのできる人はいいのですが、ときにお金を要求されるので、もらわないようにしましょう。

事例

CD を渡される

知人が被害に遭ったケースです。

流れ

CD を街頭で配っている人がいました。 それを受け取ってしまいました。

するとお金を要求され、 20ドルを支払うことになりました。

そして CD にサインされました。

シールを渡される

こちらも知人が被害に遭ったケースです。 私も声をかけられたことがあります。

流れ

おばさんに声をかけられる。

ハワイの特別な日だからシールをあげるということで、シールを渡される。 シールは無料だと説明される。

「私は政府に認められて活動をしている者です」と首から下げているIDカードを見せられる。

「困っている人を助けたい」ということ 10ドル の寄付を要求される。

そんなのに誰がひっかかるのか、不思議に思われるかもしれませんが、ひっかかってお金を渡している人を何人か見ました。 知らない人からモノをもらうのはやめましょう。 知らない人に声をかけられても無視しましょう。

現金はそんなに持ち歩く必要ないです。 買い物はファーストフード店も含めてカード決済が基本です。 バスで使う程度です。

また、上のような被害とは方向性が違いますが、次のように消えていくお金もあります。

パフォーマーにお金を払ったがパフォーマーが動かない

流れ

街頭にパフォーマーがいます。 大道芸人です。

お金を払うと動くはずなので、お金を払います。

しかし、回りには10人ぐらい人がいます。 パフォーマーは10人全員にお金を払うように手で支持します。

全員が払わない場合、パフォーマーは動きません。 最初に支払った人は損をします。

話とは違う料理のボリューム

このパターンになるレストランを1つだけ知っています。

流れ

4人でレストランに入ります。

ひとつの料理が大きいので、3つ注文して4人でシェアしようとして、3つ注文します。

言葉巧みに4人だと3つでは足りないことを説明されます。

4つ注文することにします。

料理のボリュームが多すぎて食べきれません。

くれぐれもお金には注意してハワイ旅行を楽しんでください。