Kenji のすべての投稿

ガソリンの上昇はいつまで続くか


ガソリンのスポット価格が上昇した。景気回復期待から、買いが入っているんですね。

日本はゴールデンウィーク、そして1000円高速道路と、ガソリンの上がりそうな材料は揃っている。

気になるのは、このガソリン上昇がいつまで続くかだ。飛行機は運行スケジュールを見直した。不況の正で、外出そのものを控える人も多いだろう。加えて豚インフルエンザ。今は、自動車もあまり売れない時代だ。GWは「今しかない」と思った人たちが多かっただろうけど。一般的なガソリン自動車よに代わって、ハイブリッドが勢力を拡大している。

ほかにオイルを使うものといえば、プラスチックやトラック、船舶だろうか。

トラックは、記事に不振と書いてある。製造業は、工場の統廃合が相次いでいるので、今後の伸びには限界がありそうだ。船舶はあまり動かないだろう。プラスチックは今あまり強くなかったと思う。

需要としては、ちょっと季節に偏りがあるものの、引越しがある。あとは、ヤマトの始めた修理サービス。軌道に乗れば効果は高いだろうが、電子機器ってそんなに壊れるものだろうか。

というわけで、オイルは伸び悩み。でも、いままであれだけの従業員を抱えてきたので、このままではマイナスに傾くはず。本当に、体力勝負ですね。


読書感想文の書き方 『原稿用紙10枚を書く力』


『原稿用紙10枚を書く力(だいわ文庫)』(齋藤 孝)
『原稿用紙10枚を書く力(だいわ文庫)』(齋藤 孝) を Amazonで買う

読書感想文には書き方がある

読書感想文と聞いて、何を思い浮かべるだろうか。私は、小学校のときのつらい思い出がよみがえってくるのだが……。

特に、小説に興味を持たなかった私にとって、読書感想文は地獄だった。本に書かれているできごとは、私とは関係のない他人事、そう思っていた私に感想などあるわけもなく……。こと私の弟に至っては、やることが大胆で、「多くの武将が争う戦国時代の世の中で、一番印象に残ったできごとはなんですか?」という小学校社会化テスト裏面の記入欄に「ない」と一言。

それはともかく、私(及び弟)ほど酷くなくても、読書感想文に苦労した人は多いはずだ。その読書感想文、一番のポイントは、味わって読まないことだ。

私は、なにか印象に残るはずだと、何度も本を読んでいたが、そのやり方自体が間違っていたのだ。

この本を読んで、いかに自分が無駄なことをしていたかを思い知らされた。それと同時に、読書感想文なんて難しくない、と思うようになった。そして、この本を小学生になる前に読んでおきたかったと思った(笑)

この書き方さえつかめば、映画でも何でも感想文はお手のもの。

小説の読み方

読書感想文が楽に書けるようになった私だが、それだけでは世の中楽しくならない。そう、小説が楽しめないからだ。

しかし、小説にも読み方というのある。この読み方だと、芥川龍之介や夏目漱石、ドストエフスキー等の作品までもが明瞭にわかるそうだ。

私もためしにやってみた。それが以前の記事「ノーと私」だ。なるほど、確かにこの読み方なら、全体の構成から全体の中における各部分の重要性まではっきりと掴み取ることができる。今まで、小説を読むことが、こんなにも分析的で思考の求められるアカデミックな所業だとは思いもしなかった。もう、小説を「おもしろかった」「つまらなかった」では終わらせない

ノーと私」を読んだときに感じたことだが、この読み方は作者の考え方を探るような、そんな読み方でもある。

“書く”ことの意義

“書く”ことで、それは作品になる。
“書く”ことで、自分のものとして残る。
そして、相手に影響を与える。

“書く”ということは、我々が考えている以上に大きな意味を持つ。これは「読ませるブログ – 心をつかむ文章術」にも書いてあったことだ。ここでは、“書く”ことによる個人の内部的変化について、私の体験を書くことにする。

この本を読んでからというもの、書くことによる知識の定着を、身をもって体感している。まさに(本に)書いてあった通りだ。(2009年)、“日経新聞を読もう”というブログを書いている。毎日必ず、日経新聞の感想を書くというものだ。経済に詳しいわけでもないので、わからないことは多い。しかしその中でも、考えて書こうとする。

新聞といえども文章。記者がどのようにして書いたのか、その記事からなにがいえるのか、考えながらブログを書いている。信じられないかもしれないが、考えながら書くことで、私の頭は整理され、書く前には思いつかなかったアイディアが生まれる。書いた後には一皮向けているのだ。

この“書く”という知的な作業は、確実に私の能力を高めている。ただ、もし、私がこの本と出合っていなかったら、こんな体験はできなかっただろう。書くことで生まれるメリットを、享受できていなかっただろう。なぜなら、書くことが苦痛だっただろうから。そして、書くことで生まれるメリットを見過ごしていただろうから。

著者の齋藤 孝さんは、「齋藤メソッド」という作文指導塾を経営している。子どもに文章の書き方を指導しているそうだ。

ポイントに気づくと、そこからの伸びは速いようで、受講者はみえちがえるような実力を発揮するんだとか。大人向けにも講座を開いたりしているらしい。

本は大きく分けて、3部構成。最初が「書くことの意義」について。次が、「実践マニュアル」。最後に「書く力をさらに上げる具体的な技」。

もともとは、単行本で出版された本。評価が高いんで、文庫になって安くなりました。Amazon の評価もスゴイですね。買いだと思います(私は買いました)。

『原稿用紙10枚を書く力(だいわ文庫)』(齋藤 孝)
『原稿用紙10枚を書く力(だいわ文庫)』(齋藤 孝) を Amazonで買う

寡占化とコングロマリット化 今の会社数は多すぎる!?


朝刊企業総合面、企業2面、夕刊1面に合併・出資の記事。アマダ、バンカメ、大日本印刷、講談社、GE横河が動きます。

合併して企業が大きくなり、競争力が強化されること自体は、いいことのように思えます。しかし、合併するということは、大企業のみが市場を争うようになり、市場の寡占化が進むということです。それって結局、元の木阿弥ではないのでしょうか。

今回のバブルは、企業が大きくなりすぎたがために起こったものです(関連記事)。そんなときに合併したら、ますます大きな企業ができて、また同じ結果になるのではないでしょうか。

数年前には M&A や LBO が多発しました。数年前に買収劇が起こり、経済破綻が起こり、回復の為に更なる合併。どこか間違っていないかと思ってしまうのですが、これは理にかなっているのでしょうか。合併すれば、一企業としては収益も上がるのでしょうけれど。

企業としては、合併が楽なのかもしれません。日本の GDP の中で比較的高い割合を占めている製造業各社が生き残るためには、新しい製品・特許の開発が求められます。ただ、今すぐに収益を得ようとしたときには、合併をして企業間取引のコストを下げるのが、スマートな手段になってきます。薄型テレビもこれ以上需要はないだろうし・・・有機ELも一般に売り出されるのはまだまだ先。

手っ取り早く、一業種一企業にしてしまうのがベストでしょうか。いうなれば、昔のNTTみたいに。でもそんなことしたら、画一的な世の中になってしまいますよね。他社があってこそ、いろんな考え方も生まれ、製品化されるわけで。

金融業会は、過去のバブル崩壊とともにコングロマリット化が進みました。バブル前は企業数が多すぎたという話もあります。金融ビッグバンの話もあったしな。

金融業が、さまざまな業種に関わる要の存在であるのに対し、製造業は製造業会の中でのつながりが大きいので、製造業の中でコングロマリット化が進むことは、さほど問題ではないのかもしれません。しかし、大手企業は大量解雇をバッサリとやってしまうところでもあるので、各社それぞれがそれぞれとして成り立っていてほしいと思うのであります。


哲学は楽しい? 『ソフィーの世界 – 哲学者からの不思議な手紙』


『ソフィーの世界 - 哲学者からの不思議な手紙〈上〉(日本放送出版協会)』(ヨースタイン・ゴルデル 著, 池田 香代子 訳, 須田 朗 監修)
『ソフィーの世界 - 哲学者からの不思議な手紙〈上〉(日本放送出版協会)』(ヨースタイン・ゴルデル 著, 池田 香代子 訳, 須田 朗 監修) をAmazonで買う
『ソフィーの世界 - 哲学者からの不思議な手紙〈下〉(日本放送出版協会)』(ヨースタイン・ゴルデル 著, 池田 香代子 訳, 須田 朗 監修)
『ソフィーの世界 - 哲学者からの不思議な手紙〈下〉(日本放送出版協会)』(ヨースタイン・ゴルデル 著, 池田 香代子 訳, 須田 朗 監修) をAmazonで買う

私が大学2年生のときに読んだ本です。といっても 2, 3年前ですが。

ノルウェーの、ヨースタイン・ゴルデルが書いたベストセラー。世界各国語に翻訳され、全世界で2300万部以上を売り上げたおはなしです。読んだ人も多いかもしれませんね。NHKドラマにもなりました。

ソフィーという女の子が、突然届いた一通の手紙を通して、へんなおじさんと哲学について探っていくというストーリー。もともと、哲学への入り口を意図して書かれた本。だから、子どもから大人まで、みんなが哲学に興味を持ちやすいように書かれている。そんなこんなで、哲学の入門書でもある。

Amazon のレビューを見てもわかるように、この本を高く評価している人は多い。しかし、私は違った。

どうも、筆者の主張がわからない。当時は小説の読み方も心得ていなかったためか、哲学をぬきにしても、おもしろいとは全く思えなかった。場面の展開にも無理がありすぎる。

文中には、フロイトやニーチェなど、有名な人物の名前や考え方が出てくる。ただ、なんというか、内容が浅くて興味が湧かない。

DVDも出ていますね。

『ソフィーの世界 - 哲学者からの不思議な手紙〈上〉(日本放送出版協会)』(ヨースタイン・ゴルデル 著, 池田 香代子 訳, 須田 朗 監修)
『ソフィーの世界 - 哲学者からの不思議な手紙〈上〉(日本放送出版協会)』(ヨースタイン・ゴルデル 著, 池田 香代子 訳, 須田 朗 監修) をAmazonで買う
『ソフィーの世界 - 哲学者からの不思議な手紙〈下〉(日本放送出版協会)』(ヨースタイン・ゴルデル 著, 池田 香代子 訳, 須田 朗 監修)
『ソフィーの世界 - 哲学者からの不思議な手紙〈下〉(日本放送出版協会)』(ヨースタイン・ゴルデル 著, 池田 香代子 訳, 須田 朗 監修) をAmazonで買う

嗜癖から読み解く人の行動


人間の健康と経済心理についてです。朝刊経済教室から。

“嗜癖”から経済を読み通そうという計略なのであります。嗜癖とは、タバコお酒の常用を意味します。

TASPO が導入され、各地で喫煙防止条例ができ、タバコに関する規制が増えました。日経には、そんな喫煙者と経済心理の関係が連載されています。書き手は依田高典京都大学教授。最近の記事はタバコがほとんどなのですが、タイトルにもあるように、今日はアルコール(お酒)が出てきました。

タバコを吸う人は短気。これは記事にも書かれていて、特に異論のある人はいないでしょう。たくさん吸う人ほど短気(時間選好率が高く、危険回避度が低い)だそうです。記事には、せっかち、慎重度が低い、衝動的、リスクを軽視するとあります。

では、タバコをやめればいいのか、禁煙すればいいのか、ということなのですが、失敗すると更に短気になります。禁煙成功者が次第に気長になっていく一方で、禁煙失敗者はますます短気になってしまいます。

禁煙成功者には驚くぺきポイントがあります。気長になって、非喫煙者と同じになるのか・・・と思いきや、非喫煙者よりも気長になるんだそうです。喫煙というのはリスクばかりですが、禁煙には思いがけないリターンまでついてくるんですね。それでも多くの喫煙者が禁煙に踏み切らないのは、危険回避度が低い、つまり、目先の利益ばかり追いかけるからなんでしょう(現在性効果)。いや、とても気長な人しか禁煙に成功しないってことかも。

嗜癖の特徴は、依存性がある点です。身体的・精神的に逃れられなくなってしまう。

ここまでタバコのことばかり書いてきましたが、競馬パチンコタバコと同じ傾向があります。ただ、パチンコをやる人にはタバコを吸う人が多くないでしょうか? 実は、嗜癖を持つ人は、更に別の嗜癖を持ちやすいです。特に、パチンコ競馬タバコ飲酒 は顕著だそうです。タバコ飲酒 は、マクロビオティックの観点から頷けるような気がすしますが、嗜癖だからといってそう簡単にほかの嗜癖とつながるようにも思えません。“癖”があっても“嗜癖”ではないこともあるわけですし。実のところ研究中と書いてあります。

気になる飲酒お酒を全く飲まない人よりは、飲む人のほうが、気長。しかし、を毎日飲んでいる人に限って計測すると短気。つまり、お酒をすこし飲むだけの人は、お酒を飲まない人よりも気長ということです。

少し飲むというのは、健康的な意味でもメリットがあると聞きますが、“少し”ってのが難しいですね。

お酒タバコに全く手を染めない人よりも、禁煙に成功していたり、少しお酒を飲んでいたりする人のほうが、時間選好率が低く危険回避度が高いというのにはびっくりです。

そんなこんなで、の「やさしい経済学」は、「若者が違法な薬物やギャンブルに手を染める前に、嗜癖の連鎖の入り口でストップをかけることが重要なことだとわかる」と結論付けています。・・・そんなこと知ってるわい!!