Kenji のすべての投稿

無機化学は効率よく覚えよう 『無機化学が面白いほどわかる本』


『無機化学が面白いほどわかる本(中経出版)』(川辺 徳彰)
『無機化学が面白いほどわかる本(中経出版)』(川辺 徳彰)をAmazonで買う

いいところ

理論化学に続いて無機化学の本です。これも、レイアウト等は、前記事に書いたとおりです。図解メインの参考書で、全体像のわかるフローチャートがついています。繰り返しになりますが、今学んでいる分野が、全体のどの位置にあって、これから何を学べばいいかがわかる本です。

特に無機化学は、覚えることが多いです。各元素の特徴を訊かれますからね。さて、その各元素の特徴なのですが、この本は、各元素について、化合物との関連を示した図が入っています。百聞は一見に如かず、画像を載せますね。

  • Al: アルミニウム
  • N: 窒素

各元素のセクションのトップに、このようなまとめの図が載せてあります。その後ろには各種の説明が整理された上で載せられています。

  • Ag: 銀

この部分については、私が後に使うようになった本のほうが見やすいかもしれません。ただ、この本がほかの本と違うところは、その関係図の内容が詳しく説明されていることと、各物質の比較表です。これはなかなか他の本には見られません。P.52[の強弱], P.53[塩基比較], P.56, 57[酸性物質塩基性物質を周期表にて一覧で見られるようにしたもの], P.59, 60, 79 などです。

  • イオン化傾向

使い方

では私の使い方を紹介しましょう。私がよく使ったページは3つ。

まず1つは、イオン化傾向。沈殿物比較して一覧で見られるのがポイントです。私はこれで沈殿物の性質を覚えるようにしていました。文字で覚えるより、図で覚えたほうが覚えやすいですからね。

2つめが P.165。P.81 でも沈殿物の色などについては見ることができるのですが、中には、鉄のように、酸素のみと結合する場合だけでも複数の色になる元素や、P.81 に載っていない元素があったりします。遷移金属というタイトルがついています。錯イオンについても書かれています。これも一覧で覚えるようにしました。

3つめに P.186, 187。コレは絶対見ておきたいページ ですね。無機化学の最後の砦といえば、そう、元素の分離です。HCl 等を加えていって、何の元素が入っているかを当てる問題。試薬と沈殿の性質アルゴリズムがまとめられています。こういう分析の問題には苦労しましたが、こういったチャートがあると覚えやすいですね。

化学は、地学、生物に次いで暗記項目が多い科目と言われます。効率よく覚えましょう。テスト前に役立つことが多かったです。

『無機化学が面白いほどわかる本(中経出版)』(川辺 徳彰)
『無機化学が面白いほどわかる本(中経出版)』(川辺 徳彰)をAmazonで買う

交渉テクニックを体得する! 『会話ヂカラを学べ!』


『会話ヂカラを学べ!(ディスカヴァー・トゥエンティワン)』(A.パーカー 著, ディスカヴァー・クリエイティブ 訳)
『会話ヂカラを学べ!(ディスカヴァー・トゥエンティワン)』(A.パーカー 著, ディスカヴァー・クリエイティブ 訳)をAmazonで買う

小手先の細かい話が書かれている。ある程度、会話に慣れた人が、サッと読んだり、交渉初心者が、交渉前のチェックとして読む本だと思う。最後のオススメ書籍のページには、私がいいと思う本もあったが、本書はさほどよい本ではない。
会話ヂカラ”と書いてはあるものの、ビジネス会話のみに限った話なのだ。「恋愛だってうまくいく」と帯には書いてあったが、私にはそうは思えない内容であった。

今の体裁では役に立たない本で終わってしまうが、タイトルを変えればそれなりにいい本になるはずだ。「交渉チェックポイント100選」だったらピッタリだと思う。

この本をオススメするとすれば、入社して少ししか立っていない人か、交渉のポイントをいつでも見れるように携帯しておきたい人だ。あまり交渉に慣れていない人の陥りやすいポイントが書かれているから、交渉前に確認ができる。
言い方を変えれば、交渉の軸・考え方よりも、数をこなして体得していく人向けの本。チェックポイントしかないからこそ、そういう人の役に立つと思う。Amazon の書評でも、同じことが書いてあった。交渉というのは、習うより慣れろという面が大きいので、難しいことはいいからやってみたい、という人にはいいだろう。

『会話ヂカラを学べ!(ディスカヴァー・トゥエンティワン)』(A.パーカー 著, ディスカヴァー・クリエイティブ 訳)
『会話ヂカラを学べ!(ディスカヴァー・トゥエンティワン)』(A.パーカー 著, ディスカヴァー・クリエイティブ 訳)をAmazonで買う

月面発電所 清水建設が宇宙に進出


サイエンスからです。そのうち石油がなくなるから新しいエネルギーが必要だ、そんな話は誰でも耳にしたことがあると思います。諸説あるので真偽のほどはわかりませんが。

新エネルギーとして、水素やバイオエタノール、ハイブリッド、太陽光発電風力発電が注目されているのもご存知ですよね? サイエンス面には、地球の外で太陽光発電を実施する計画が書かれていました。

まずは地球に人工衛星をつくって発電を試みます。まず、宇宙航空研究開発機構が発電衛星というのをつくります。これはひとつの発電所。2種類あって、ひとつは、太陽光をエネルギーに変え、地球に送電するというもの。もうひとつは、太陽光を集めてレーザー光に変換し、地球上の受信機に送るというもの。これひとつで原子力発電所1基分の電力がまかなえるそうです。産業廃棄物も減らせるわけですね。

地球でも太陽光発電をすればいいじゃないか、と思われるかもしれませんが、地球上での太陽光発電と、宇宙での太陽光発電には大きな違いがあります。大気が存在するため、地球に届く太陽光は、宇宙の 1/10 程度。その上天候に左右され、設置場所も限られる。特に国土の狭い日本には厳しいところがあります。

地上3万6000km の位置に設置すれば、昼も夜も関係なく発電できるそうです。たぶん、2π[rad/yr] の角速度で回転するということでしょう。静止軌道とあるだけで、詳しくは書かれていないです。

さて、実験衛星を打ち上げて、数kW の発電を行うのは 2015年。その前に、政府が今月末策定の宇宙国家戦略に「宇宙太陽光発電の実験に5年以内に着手する」と明記するそうです。

また 2035年には、月面太陽光発電基地清水建設が設置します。月の砂 から太陽電池やコンクリートを作って、ロボットに組み立てさせるそうです。月の砂 からそんなものができるんでしょうか。というか、日本って、月面まで行ったことないよね? 不安ですが。

計画では、の赤道上に発電装置を並べるそうです。常時、最低でも原子力発電所1万3000基分の電力を地球に送信できるとのこと。もう地球の発電所要らなくなるね。

実はこの月面発電計画、1987年にできていたらしい。技術的にも裏打ちされていたんだとか。また、宇宙太陽発電そのものについては、1968年にアメリカが研究を開始したらしい。電気自動車も増えるので、ますます電気は必要になる模様。リニアモーターカーが本格始動したら、また需要も増えるしね。

今の電力会社、どうなるんだろ。なんらかの技術供与はあるよな、きっと。

ところで、月に移住するとかいう話はどうなったんだ。俺は 1986年に生まれ、今まで生きてくる中で、地球がだめになるから月に移住とか火星に移住とかで、月や火星に町ができるという話を聞いたような気がするんだが……。この記事を見ると、町ができるわけではなく、あくまで生活拠点は地球のまま、月を有効利用するだけのように思える。

どちらがいいという話ではないが、俺の聴いた話はどこへいったのかと気になった。


対人関係強化の手引き 『EQ入門 – 対人能力の磨き方』


『EQ入門 - 対人能力の磨き方(日経文庫)』(高山 直)
Amazonで買う

仕事ができる人EQ が高い、らしい。EQ とは、”心の IQ“, Emotionally Intelligence Quotient のこと。ある調査によると、この EQ が、仕事のデキに相関しているらしい。そして、IQ はあまり関係ないとか。

今まで対人関係を苦手としてきた私は早速読むことに。小生、”IQ は高いが EQ は低い” と、よく言われてきた。

対人関係をなんとかしたいと思う気持ちもあり、一気に読んでしまった。一番役に立つと思えたのは、P.141 から。もちろん、P.141 以前の部分を読んだからこそそう思うのだが。

そこには、私に足りない、具体的な“言葉が書かれていた。その“言葉”というのは、明日からでも使えるような、そんなフレーズだ。ほめ言葉も含めてたくさん書いてあった、短くてサッと使える言葉が。その意味で、他の人間関係話し方の本とは一線を画している。

以前、同じ職場に、60代の役員経験者が、契約社員として入ってきたことがある。その人は、今まで数々の役職を経験してきただけあって、人の育て方・使い方にものすごく慣れていた。もちろん、人をほめる技術にも優れていた。

この本の、P.141 以降に書かれていたことは、まさにその60代役員経験者が使っていた手法そのものだと思った。当時は、立場が違っていたこともあり、その人の技をそのまま使うことは難しく、どうしようかと悩んだこともあった。どんな“言葉”を使えばよいのか、そこが対人関係の一番のポイントだと思っていたし、悩みどころでもあった。そんな語彙力の少ない私にとって、この本は、果てなく続く迷路から脱出するためのバイブルだった。

上記の話とは別になりますが、私はこの本に書いてった、あることを、今日から実践します。今まで、まったくと言っていいほど気にしていなかったことなので……。必ず、なんらかの効果が出るはずです。結構簡単にできる。こんなことにも気づかなかった私はまだまだですね。

『EQ入門 - 対人能力の磨き方(日経文庫)』(高山 直)
Amazonで買う

予想以上のエコポイント でも、大丈夫?


エコポイント制度がスタートしました。朝刊総合面、夕刊総合・ビジネス面からです。

無駄なものを買わないほうがエコではないのか、という気持ちを抑えつつ、記事を読んでいきましょう。環境省経済産業省総務省が行う政策で、省エネ性能の高い冷蔵庫テレビエアコンに限り、国が3000-36000円分のポイントをつけるというもの。ポイントってことは、その場で値引きしてもらえるわけではないんだよね?

果たして、これってうまく機能するんだろうかと、朝刊の記事を見て思った。だって、ポイントといってもカードがあるわけではなく、領収書等をとっておいて、あとから申請するという受け取り方。それもまだ未確定だし、ポイントがなにに使えるのかも未確定。そんな見切り発車で大丈夫か、後で面倒なことになったりしないかと思ってしまった。領収書なくした!って人が出てきたら、家電量販店はその記録をいちいち探さないといけないんだろ。まぁ、購入者には関係ないか。

夕刊を見ると、このエコポイントがうまく機能していることがわかる。記事に載っているのは48歳の女性。若い人は、新婚でもない限り手を出しにくいか? 需要が刺激されて、なによりです。

国がやっているというだけあって、裏切られる心配もないし、18万が実質12万になるとなったら買う人も多いよな。ただ、買う人が多くなるのはいいのだが、家電量販店独自の割引が絡んでいるところに少し危険を感じる。

価格が下がりすぎていないかと。家電量販店は、エコポイントが始まる前は、買い控えを防ぐために、独自の値引きを実施していた。その値引きを、エコポイントがスタートした後も実施しているという。エコポイント+独自値引きで価格崩壊。消費者はうれしいだろうけど、下げすぎると後で上げられなくならないか? 適正な価格というものが存在するわけで。買わない人はエコポイントが始まろうとも買わないだろうし。

そんなこんなで、2010年3月迄の購入でOKとなっているエコポイントだが、上向きの消費者心理はそれまで続かないだろうと見ているのです。先行指数が上向きだからいいのか? 政府はどれくらいの効果を見込んでいたんだ?

46型テレビが店頭価格から実質3割安くなったところでどれくらいの人が買うのだろうか。もっと小さくて安いので我慢して、消費電力抑えたらもっとエコじゃないか? 置き場所に困らないか? 地上デジタルになるといっても、今の薄型テレビなんて地上デジタルが始まる頃にはもっともっと安くなっているんじゃないのか? と、今飛びついたら後悔するんじゃないかと思っています。エコポイントを使っても、後払いでポイントが入る上、あくまで財やサービスとの交換だから、実際に出て行く金額は変わらない。