返信を催促するメールの文例


返信がなかなかないときに、返信を催促するメールの文例です。


ダメな例

  • ご(お)返事をいただけないのは、どうしてでしょうか。
  • いつになったらご(お)返事をいただけるのでしょう。
  • いまだにご(お)返事をいただけておりません。
  • 先日送りましたメールは届いていますでしょうか。

よい例

状況や関係に応じて使い分けが必要ですが、おおむね次のような文が使えます。

返信することが決まっていない場合
  • その後いかがでしょうか。
  • いかがなりましたでしょうか。
  • いかがされたものかと案じております。
返信することが決まっている場合

上の例文に加えて、次のようなものも使えます。

  • なるべく早い返信をお待ちしております。
返信期日まで決まっていた場合

上の例文に加えて、次のようなものも使えます。

  • 本日2月12日に至りましても、ご返事をいただけておりません。
  • 至急、ご連絡をお願いいたします。
  • 3日(木)必着で…してくださるようお願いいたします。

さらに、次のような一言を加えるとソフトな感じになります。

  • ご事情がおありかと存じますが
  • ご多忙のためと推察しますが
  • なにかの手違いかとも存じますが

「ご返事」と「お返事」は、どちらを使っても問題ありません。 私は「お返事」や「ご返信」をよく使います。