eclipse で JavaDoc を生成する方法


eclipse で JavaDoc を自動生成する方法について説明します。

Javadoc というのは Javaプロジェクト についての HTMLファイル のことです。 要するに、クラスやそのメソッドなどをまとめたドキュメントです。

続きを読む eclipse で JavaDoc を生成する方法


Java: eclipse で APIリファレンスを見る方法


Eclipse Platform API Specification にアクセスすれば、ブラウザからAPIリファレンスを見ることができます。

eclipse で見たい場合は、見たいライブラリをパッケージエクスプローラで選択して右クリックし、プロパティを開きます。 javadoc と左側にあるのを選択して、http://help.eclipse.org/helios/nftopic/org.eclipse.platform.doc.isv/reference/api/ と入力します。

ここで注意が必要なのは、 最後の部分です。 ブラウザからだと index.html と入力しますが、 eclipse ではそこまで書きません。 api/ で終わります。

そして eclipse 上で、 調べたいメソッドの上にカーソルを持っていき、 Shift + F2 を押すとリファレンスが表示されます。

さらに、たとえば SWT というライブラリで定義されている SelectionAdapter のソースを見ようと思ったら、 Ctrl を押しながら マウスで左クリックします。 そして、出てきたウインドウ内の、「ソースの添付」ボタンを押して、アーカイブファイル(.zip)のロケーションを入力します。 すると次回から、 Ctrl + 左クリック で ソースを見ることができます。


VBA: Access のテーブル定義を一覧で出す方法


Microsoft Office Access(アクセス)のファイル(.mdb)の中のテーブル定義一覧を、 Oracle用のテーブル定義に変換して、一覧で出力するコードを紹介します。

概要

  • Excel と VBA を使用します。
  • VBA の 関数 GetTableDefinitions を実行すると、 開いているエクセルのシートにアクセスファイル内のテーブル定義を一覧出力します。
  • テーブル定義書(.xls)に貼り付けることを想定してテキストデータを作ります。
  • Access のテーブルを Oracle 用 にするので、 例えばテキストのカラムは VARCHAR2 として表示されます。
  • システムテーブルは出力しません(コードを一部変更すれば出力できます)。
  • リンクテーブルは、リンクの内容を表示します。 リンク先のテーブルの定義は出力しません。

使い方

  1. Excel を開きます。
  2. 開発ツール Visual Basic Editor を開きます。
  3. モジュールを追加します。
  4. ツールの参照設定から Microsoft DAO にチェックを入れます。
  5. 下のコードを貼り付けます。
  6. 関数 GetTableDefinitions を実行します。

続きを読む VBA: Access のテーブル定義を一覧で出す方法


A Life Summary of an Gypsy