タグ別アーカイブ: コーヒー

日本橋茅場町 500円 パスタ Spaghetti Mariano


日本橋茅場町にある Spachetti Mariano でランチをテイクアウトしました。 大盛りにするとなんと麺が2倍になります。 ボリュームがあっておいしいです。 安くてボリュームがあっておいしい、 おすすめです。 パスタってこともあってか、女性客も多いですね。

続きを読む 日本橋茅場町 500円 パスタ Spaghetti Mariano


コーヒーをおいしく淹れる方法


コーヒーを淹れるおすすめの方法を紹介します。 香りの際立つコーヒーが作れます。 味も好みに合わせて調節することができます。 でもコーヒーメーカーは使いません。

材料

定番の 豆、フィルター、ドリッパー、お湯 に加えて マジックブレットが必要です。

コーヒー豆

コーヒーに絶対必要なものです。 ご自身の好きなものを買えばOKです。

市販のよくある安いものでも香りを引き立たせることができます。

買ったコーヒー豆は 瓶に入れたりして保管するのがいいですよ。 私は 100円ショップ で購入した容器に入れています。

マジックブレット

これがコーヒーの香りを引き立たせる必須アイテムです。

マジックブレットは様々な用途に使えます。

マジックブレット自体は 普通のミキサーとしても使えるので 超おすすめです。 コーヒーを入れる際には、マジックブレットの一部の機能しか使いません。

フィルター

コーヒーを淹れるにはフィルターが要りますね。

コーヒーフィルターは100枚レベルでまとめて売られています。

コーヒー豆を売っているお店に一緒に売られていることが多いです。 私も、コーヒー豆を買ったお店で買いました。

コーヒードリッパー

フィルター使うならコーヒードリッパーです。 100円ショップにあるので十分です。

インターネットなら美しい形のコーヒードリッパーも手に入ります。

お湯

私はティファールでお湯を沸かします。

ティファールの電気ケトルなら、お湯をすぐに沸かせます。

紅茶を淹れるときにもティファールは役立ちます。

だいたい作り方の想像がつきましたか? ここから作り方を書いていきます。 エスプレッソ粗挽きも作れます。

作り方・淹れ方

  1. まずお湯を沸かし始めます。 コーヒー豆を準備している間にお湯が沸きますので。

  2. コーヒー豆 大匙 1, 2杯 をマジックブレットのカップに入れます。

  3. マジックブレットでコーヒー豆を挽きます。 ここで エスプレッソ にするのか 粗挽き にするのか 調整します。 粉末になるまで砕けばエスプレッソになります。

    この時点でコーヒーのよい香りが強く漂ってきます。

    1, 2秒 くらいの間隔で コーヒー豆を砕きます。 マジックブレットの説明書に図解入りでもっと詳しい説明が載っていますのでそちらもご参照ください。

    マジックブレットを上から押してコーヒー豆を挽きます。
  4. コーヒードリッパーの中にフィルターを入れ、その中に砕いたコーヒー豆を入れます。

    コーヒーを淹れる準備ができました。
  5. マグカップの上にドリッパーを置き、上からお湯を注ぎ入れます。

    お湯を上から注いでコーヒーを作ります。