タグ別アーカイブ: 合格

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話


学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話
学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 を Amazonで買う

読みました。この本のポイントは3つです。

  1. 人は変われる
  2. 夫婦と親子の愛
  3. 教える姿勢

人は変われる

目標を持ってがんばった、そして自分を変えていった、そこがとてもすごいところです。家庭環境も恵まれたものとは言えず、両親そして本人もとても大変な思いがあったと思います。

もともとはただのギャルです。退学寸前までいったギャルです。それでも自分を変えようとする思い、塾へ通い始めてから合格するまでの心境の変化には心打たれます。

夫婦と親子の愛

夫から子への思い、妻から子への思い、夫と妻の関係、変化するものしないもの、筆舌に尽くしがたいものがあります。特に母親の子供に対する愛情はものすごいです。これは見るべきです。涙を流す人が多いのも頷けます。

また、子供が志望校に合格することで家庭が大きく変わりました。それは単なる喜びというものではないです。父の考え方をがらりと変えてしまいました。子供は宝ですね。

教える姿勢

教育者というものはこういう考えをもっていてほしい、そう思いました。教育に携わる人には読んでほしい一冊です。

ダメな人間なんていないんです。ただ、ダメな指導者がいるだけなんです。

好意を与え続ける、礼儀をつくし続けることが大切なんです。

そして、転機が効くとは 著者 坪田さん のことを言うんですね。

ズコーっていう音が聞こえそうになりました。でも、僕はポジティブでした。歴史関連のことを2つ”も”知ってるじゃないか!!!

見習って自分の仕事にも活かしていきます。

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話
学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 を Amazonで買う

大学入試 実践の定番 『実戦 化学 I・II 重要問題集』


(他科目(物理・生物)もあります。)

大学入試のための問題集です。この問題集は、大学入試問題から良問を集めてあり、とても実践に即した問題集となっています。ほとんどの問題集について言えることですが、学校の授業や、独学等で、ある分野・項目について理解した後に、すぐに解いていくのがいいと思います。あとからやろう、と考えている場合、あとになったら忘れていることが多いので。私は、高校1年のときからこれを使っていました。

もちろん、おすすめの問題集です。何がオススメポイントかというと、まず解説が詳しいことです。解説は別冊になっていて、問題と同じだけの厚さ、つまり本の 1/2 が解説になっているわけです。また、別冊になっているので、問題と一緒に開いてみることができます。 そして良問揃いであるということ。各大学が1年に1度しか出さない入試問題を集め、そのなかから良問だけを厳選して載せているので、本当に実践的実力がつく本です(重要なことなので2回書きました)。

ただし、気をつけてほしいことが2つあります。

ひとつは、必ず参考書を使うということ。この問題集にも、小さなまとめはありますが、そういうのは単なるまとめにすぎません。たとえば、ベンゼン環についての問題で、ほとんどわからず、間違えてしまったとします。解説は詳しいですから、この問題を解くのに十分な知識は、この本から得ることができます。しかし、ベンゼン環についての広い知識と応用力をつけようと思ったときには参考書が不可欠です。元となっている理論を理解しないと意味がありませんから。化学の高校用参考書で一番オススメなのは、化学の新研究です。理系化学精説もいいと思います。

もうひとつは、無理をしないということです。実践の入試問題というだけあって、しっかりした知識がないと、まず解けません。参考書などを見てインプットするのも大切ですが、中にはアウトプットを繰り返さないと定着しない知識もあります。私にとっては無機化学がそうでした。知識が身についていなくて解けない、そういうときは、基本を身につけるための問題種を使ってからこの本を使いましょう。基本の問題種は、化学 理系標準問題集超GOODです。一見回り道に見えるかもしれませんが、かえって確実で早道です。中学1年生が積分の本を見続けるのと、基礎からさっさと勉強して積分を習得するのと、どちらがはやくて着実か、おわかりですよね?

最後に、問題集落とし穴について説明して終わります。この本を最初にやるときは、とても時間がかかるかも知れません。初めて問題を見て、初めて見る解説をじっくり読むんですから。でも2回目は1度見ている問題です。1度理解した解説です。どこがポイントなのか、理解するのは早くなっています。3回目にやったときにはもっと早くなっています。つらいのは最初だけです。1度やってしまえば、あとは面白いように理解できます。逆に言えば、何回もやってこそ実力がつきます。

1度やってしまえば面白いように理解できる。やればできる。がんばろう!

(他科目(物理・生物)もあります。)

高校数学の王道 『チャート式数学』


Amazonでチャート式数学を買う

チャートです、皆さんよくご存知の。最初に、この本の使い方(一般的高校生向け)について説明します。

毎日1時間、この本を使って勉強しましょう。文系だったり、数学よりもほかの事をやりたいという人は、ご自身で調整してください。私は、この本で、数学A(B, C)を1時間やり、次の日に数学I(II, III)を1時間やるという方法を続けていました。もちろん、都合が悪くなってできない日もありました。そういうイレギュラーの日には、理系志望のための高校生活ガイドに書いてある方法を使います。これで、着実実力がつきます

このやり方自体も、理系志望のための高校生活ガイド高校数学とっておき勉強法を参考にしています。その2冊を読めば、数学だけでなく、その他の科目についても、しっかりとした計画を立てて取り組むことができます

さて、チャートは非常によく知られた参考書ですが、赤、青、黄、白、どれがいいのでしょうか。私はを薦めます。最低でも青です。詳しくは、理系志望のための高校生活ガイドに書かれています。チャートは、数学問題集としても使えますが、参考書としても使えます。それを考えると、黄や白でいいという人もいるのでしょうが、それはお金の無駄になると思います。

私の場合は、高校で青を買わされ、独自に赤を買いました。青を使ったのは、宿題として出たときだけでした。両方をやったことのある私の感想としては、赤のほうが解説丁寧です。Amazon のレビューを見ても、そんなことが多く書かれていますね。

最後に、私とチャートの関わりについて書いて終わります。私の使ったチャートは、現行教養課程になる前のものです。2001.4-2004.3 が高校に通っていた時期でした。そのときの赤チャートの著者は、東北大学の砂田利一さん。

私が数学に関して思っていたのは、『数学は、個人ペースでやるもの』ということです。これは、どの科目についてもいえることでしょう。高校では40人が集まってひとつの授業を受けますが、全員同じレベルかというと決してそんなことはなく、テストで笑っていられる人もいれば、笑うしかない人もいます。そんなわけで私は、授業のペースは気にしていませんでした。授業はとりあえず聞くだけ聞きながら、問題を解いていましたチャートなどの。

学習計画については、中学のときに理系志望のための高校生活ガイド高校数学とっておき勉強法を読んでいましたので、高校へ入った後はばっちりでした。

私がチャートと初めて出会ったのは、中学の頃です。家に、親の使っていたチャートがありました。緑色のチャートです。中学の頃にこれを読み、ある程度自分で勉強したりしていました。特に、因数分解二次方程式二次関数は、中学でも学習する範囲ですから、非常に役に立ちました。因数分解に困ったときのアルゴリズム(解き方)が書いてあり、それを知った上で中学の問題を解いていました。高校に入ってから高校のチャートを読み、その上で高校の問題を解くのと、中学の時に高校のチャートを読み、その上で、中学のときから問題を解くのと、どちらがいいかはわかりますよね?

高校に入ってからは、順調に勉強を進めていったのですが、そんな私も高校1年の冬に大変なことになりました。数ヶ月間手を抜いていたら、高校でやっている内容についていけなくなりました。当たり前といえば当たり前ですね。どうしたかというと、地道に今までどおりのやり方で勉強を続けました。その甲斐あって、すぐにトップレベルにもどりました。チャートさえなんとかしておけばどうにでもなるもんです。

数学は、理論さえわかればあとはなんとでもなるものですが、気をつけてほしいことがあります。細部まで慎重に文章を読むということです。そう、あれは受験間近の駿台京大模試。6題ある数学の問題のうち、ひとつ、うまく解けなかった問題がありました。問題を適当に読んでいて、条件を見落としてしまっていました。数学の偏差値は80~90の間だったと思いますが、あれさえスムーズに解けていれば、90は超えたんではないかと思っています。なんにせよ、いい加減にやっていてはダメですね。

Amazonでチャート式数学を買う