タグ別アーカイブ: Bitbucket

Bitbucket と Slack を連携させる方法


Bitbucket で Pull Request(プルリクエスト) や コメント、 Issue(イシュー) が追加・作成されたときに Slack に連携するコードを書きました。

経緯

Bitbucket で Issue 作成など が行われた際に 外部 に連携する仕組みは Bitbucket で提供されています。 それは 各プロジェクトの設定画面 Webhooks から 設定ができます。

Slack でも 設定画面から 簡単に Bitbucket と連携することができました。 しかし、 そのとき (頃) は Bitbucket の push しか Slack が対応していませんでした。

push よりも Issue 作成や Pull Request や コメント を連携してほしい と思った私は、 Google Apps Script を使って Bitbucket と Slack を繋ぐスクリプトを作ったのでした。

コード

本当なら オブジェクトモデルを作って Factory を作ってとやりたいところだったのですが、 業務が忙しくてそんなことやってられなかったため 間に合わせの品質でコードを作りました。

下記のスクリプトを Google Apps Script で作成し、 メニュー Publish から Deploy as web app をクリックして公開します。 すると ウェブアプリ の URL が表示されるので、 それを Bitbucket の設定画面から Push 先 の URL として登録します。

Bitbucket で何らかの操作が行われるたびに Google Apps Script の処理が実行され、 Slack に 投稿されるようになります。

(コードは Github Bitbucket To Slack Gas にもあります。 Contribute 歓迎です。)

まず Bitbucket から通知(Post Request)が来ると、 doPost が実行されます。 そして Post されたデータから、 Slack への ペイロード データ を作成します。 上では createSlackMessage がその処理を行っています。

createSlackMessage では、 届いたデータから 操作内容を割り出し、 通知したい情報をまとめます。

送信したいデータがまとまったら、 Slack に送信します。

注意点

createSlackMessage では、 Issue の場合、 Pull Request の場合などパターン分けしていますが、 上で分けてある以上に 細かくパターンが分かれます。 今回は私の業務上必要だろうと思われる分岐にとどめています。 そのパターンを正確に判断するには Bitbucket から送信されるヘッダの中を確認するのがいいのですが、 Google Apps Script ではリクエストヘッダを確認することができないため ペイロード部分のデータで分岐を行っています。

実際のところ Pull Requestapproved のあたりはまだ検証中のため、 正しく判別できているという保証がないです。

もし、 Heroku や AWS 、 その他レンタルサーバ など 自由に使えるサーバがある場合は、 PHP, Ruby 等 で作成したほうが リクエストヘッダも使えて便利だと思います。


Magnum CI で Rails をテストした方法


Magnum CI は 無料で使える CI 環境で、 きっと愛用している人も多いと思います。 本記事では、 Bitbucket で管理している Rails のコードを、 Magnum CI でテストした時のメモを書いておきます。

続きを読む Magnum CI で Rails をテストした方法