タグ別アーカイブ: forcepae

Unable to boot と表示された時の対処


事情があってとても古いマシン(Let’s Note CF-W2)に Lubuntu をインストールしようとしたとき、次のメッセージが表示されました。

Let’s Note CF-W2 のスペックは次の通りです。

環境

スペック

  • CPU: Intel Pemtium M 32bit 1GHz
  • RAM: 1GB

インストールするISO

  • lubuntu-14.04.3-desktop-i386.iso

原因

メッセージを見ると、 64bit のイメージをインストールしてしまったか? と思ってしまうのですが、 32bit のイメージで上のメッセージが出ます。

原因は Intel Pentium M プロセッサ が PAE をサポートしていないことでした。

PAE

32bit CPU で 4GB 以上 のメモリを扱えるようにする技術で、 Intel だけでなく AMD でも採用されている CPU があります。

解決策

私がとった解決策は次の方法です。 Ubuntu の forcepae オプション を使います。

  1. DVD から起動します。
  2. 言語を選択します。
  3. 次に F6 キー を押し、 ESC キー を押します。 F6 でオプションが表示されるのですが、特に設定しません。
  4. こうすることで、 次のようなブートコマンドが表示されます。
  5. そして Install をカーソルで選びます。
  6. 表示されているコマンドの最後の部分を次のように変更します。 forcepae を 2箇所に書きます。
    • 最初のパラメータはインストーラから実行されるカーネルのオプション、後ろのパラメータはインストールされた後のカーネルのオプションです。

これで動くようになりました。

下のサイトでは上の方法の他にもいくつか方法が紹介されています。

参考: How can I install on a non-PAE CPU?