嗜癖から読み解く人の行動


人間の健康と経済心理についてです。朝刊経済教室から。

“嗜癖”から経済を読み通そうという計略なのであります。嗜癖とは、タバコお酒の常用を意味します。

TASPO が導入され、各地で喫煙防止条例ができ、タバコに関する規制が増えました。日経には、そんな喫煙者と経済心理の関係が連載されています。書き手は依田高典京都大学教授。最近の記事はタバコがほとんどなのですが、タイトルにもあるように、今日はアルコール(お酒)が出てきました。

タバコを吸う人は短気。これは記事にも書かれていて、特に異論のある人はいないでしょう。たくさん吸う人ほど短気(時間選好率が高く、危険回避度が低い)だそうです。記事には、せっかち、慎重度が低い、衝動的、リスクを軽視するとあります。

では、タバコをやめればいいのか、禁煙すればいいのか、ということなのですが、失敗すると更に短気になります。禁煙成功者が次第に気長になっていく一方で、禁煙失敗者はますます短気になってしまいます。

禁煙成功者には驚くぺきポイントがあります。気長になって、非喫煙者と同じになるのか・・・と思いきや、非喫煙者よりも気長になるんだそうです。喫煙というのはリスクばかりですが、禁煙には思いがけないリターンまでついてくるんですね。それでも多くの喫煙者が禁煙に踏み切らないのは、危険回避度が低い、つまり、目先の利益ばかり追いかけるからなんでしょう(現在性効果)。いや、とても気長な人しか禁煙に成功しないってことかも。

嗜癖の特徴は、依存性がある点です。身体的・精神的に逃れられなくなってしまう。

ここまでタバコのことばかり書いてきましたが、競馬パチンコタバコと同じ傾向があります。ただ、パチンコをやる人にはタバコを吸う人が多くないでしょうか? 実は、嗜癖を持つ人は、更に別の嗜癖を持ちやすいです。特に、パチンコ競馬タバコ飲酒 は顕著だそうです。タバコ飲酒 は、マクロビオティックの観点から頷けるような気がすしますが、嗜癖だからといってそう簡単にほかの嗜癖とつながるようにも思えません。“癖”があっても“嗜癖”ではないこともあるわけですし。実のところ研究中と書いてあります。

気になる飲酒お酒を全く飲まない人よりは、飲む人のほうが、気長。しかし、を毎日飲んでいる人に限って計測すると短気。つまり、お酒をすこし飲むだけの人は、お酒を飲まない人よりも気長ということです。

少し飲むというのは、健康的な意味でもメリットがあると聞きますが、“少し”ってのが難しいですね。

お酒タバコに全く手を染めない人よりも、禁煙に成功していたり、少しお酒を飲んでいたりする人のほうが、時間選好率が低く危険回避度が高いというのにはびっくりです。

そんなこんなで、の「やさしい経済学」は、「若者が違法な薬物やギャンブルに手を染める前に、嗜癖の連鎖の入り口でストップをかけることが重要なことだとわかる」と結論付けています。・・・そんなこと知ってるわい!!


賃貸保障会社が入居者を追い出す!?


国土交通省が、家賃保障会社を登録制にする・・・かも!? 朝刊経済面からです。

家賃保障会社とは、小生も利用している、家賃延滞時の身代わり会社である。貸主に代わりに家賃を払い、借主に請求をする。貸主は、収入の面でカバーされるので安心というわけだ。家賃保障会社は、借主が連帯保証人をつけていれば使う必要はない。つけていなければ、家賃保障会社を使うのが一般的。

いまなぜこの家賃保障会社が話題になっているかというと、“追い出し屋”というのが存在するからである。これは、少しでも家賃を滞納した場合に、借主を追い出してしまう、悪質な家賃保障会社だ。家賃保障会社としては、できるだけリスクをとりたくないので、一度でも滞納となると、出て行ってほしくなるわけだ。追い出し屋というのは、滞納が起こった時点で、対象物件の鍵を交換してしまったりする。そうすると、借主はもう住めないので、結局のところ、強制的に追い出し、その人のリスクを家賃保障会社が負うこともなくなるのである。

国交省は、この家賃保障会社を登録制にすることで、追い出し屋を減少させることができると考えている。そして、利用者が家賃保障会社を選べるようにするらしい。利用者というのは、借主である。ところで、借主がどうやって選ぶんだろうか。登録制にした後の登録用件として新聞に載っているのは、資本金。資本金ってそんなに会社のよしあしを表すものだろうか。やるだけ無駄だと思うのは、私だけだろか。

ついでに疑問なのは、この記事が経済面にあるということだ。日経の意図がわからん・・・。

なにはともあれ、家賃保障に関する相談が前年の2.5倍となっている今、こういった会社の規制はしてほしいと思う。不況で急増化したんだろう。今までこのへんを規制する法律はなかったそうだ。

賃貸の場合、家賃が払えなくなったとしても、ほかに住む場所がない場合は、それを理由にすみ続けることができると、大学生の頃に、法律系の講義で聞いた覚えがある。そんなことやる前に鍵を変えられたらどうしようもないけどな。実はその法律を悪用して住処をゲットするヤクザもいたりで・・・。


高齢化はこんなところにもあった! 製造業設備投資


朝刊2面から。

企業の設備投資が鈍化している。それもそのはず、この景気だ。工場や機械などの稼動年数を示す「設備年齢」は、製造業で13.21年(2008年10-12月期)と、前期比 +0.02年。同ページのグラフを見ると、2007年中盤あたりまで下がり傾向にあった製造業設備年齢が、上向きに転じているのがわかる。

第一生命研 永浜利広氏は、再審議中とを導入していない製造業者は国際競争において不利になると解く。そういえば、前に日経に乗っていたことがある。赤字は赤字でも、種類があると。「投資」を増やすことで赤字になっているのなら、それは前向きな赤字で、成長が見込める。

しかし、ちょっと待ってほしい。0.02年の高齢化は、0.1?0.2% 程度。同ページのグラフの縦軸を、0 から 14 までの範囲にして描き直して見てほしい。企業も、設備投資の重要性はわかっているはずだし、他国企業の動きも視野に入れているはずだ。それを考えると、国際競争力が鈍るというのは、行き過ぎた考えのように思えないだろうか。

気がついたときにはもう遅い、それが製造業なのかもしれないが・・・。

あなたはどう評価しますか?


外国人が書いて、日本でも大ヒットした絵本 『はらぺこあおむし』


昨日本屋で見てきました。なぜ 20過ぎの私がこんな本を読んだかって? 私が読んだのは、英語版ですよ。

よく見ると、著者は Eric Carl、外国人です。昔読んだときには、そんなこと全く気にしていなかったのに。

なんといっても、Eric Carl の作品は、使っている絵が特徴的ですね。絵と文字のバランスも、うまくとれていると思います。絵は、紙を切って配置したものでしょうか。見ていて飽きない、そんな感じがします。

この本の“”といえば、やっぱり穴のあいたところですね。このあおむし、一週間、りんごなしを食べ、しまいにはお菓子も食べてしまいます。そのページには、穴が開いていて、文字を読まなくても、ページの前と後ろの“つながり”がわかります文字が読めなくても、読んであげられないときでも、ひとりでイメージできてしまうところが、子どもの好奇心を引き立てるポイントではないでしょうか。1日目から最終日まで、使っている紙(ページ)の大きさが違うというのも、ほかの本にはない いいところだと思います。

この本は、小さいサイズのものも、大きいサイズのものも出ていますが、幼児向けに買うときは、是非、大きいサイズのもの(このページに掲載しているもの)を買ってあげてほしいです。小さいと、子どもは興味を持ちにくいのではないかと思いますし、このサイズでこの穴の大きさだからこそ意味があります。 子どもの成長を考えたら、やっぱり大きいサイズです。

エリックカールのはらぺこあおむしをAmazonで買う

借金依存型経済の建て直し 量的緩和政策の効果は?


量的緩和政策に欧州中央銀行が乗り出しました。朝刊1面、総合3面、夕刊1面、マーケット総合2 5面から読み解きます。

金融崩壊まで、借金・ローンに頼ってきた世界経済。ローンがつぶれ、経済を支えるものがなくなった。要するに、手元資金がガクンと減ったのだ。これについては、別ブログにちょっと書いたこともある。

今回の量的緩和についてみていこうと思う。まず、サブプライムが消え、手持ち資金はなくなった。わかりやすくいえば、今まで100万円持っていたのが、ローン不可になって50万円に減ってしまいましたよ、いままでと同じような生活をしようと思ったら、100万円ないとダメだけれど、ローンが使えなくなった今、それは無理ですという流れ。一般の商品購入も、カードローンなんかが使われたり、その他のローンが使われたりしていたから。特にアメリカでは。(いつぞやのFX攻略.comに書いてあった。)

そんなわけで、現在は、市場に流通する貨幣の量も、減っていて、今までと同じ取引量を維持しようと思ってもとうてい無理なわけ。だから量的緩和。じゃあ量的緩和したら本当に経済は回復するのか?? 問題はここだ。

欧州中央銀行は、政策金利を下げて、金融機関への資金の貸付期間を延長した。しわよせは中央銀行に・・・。イングランド銀行も量的緩和。欧州中銀は政策金利を日米並に揃えた。

この政策、いつまで続くんでしょう。夕刊1面の記事によると、大手10社で7.4兆円の不足。いままでローンでまかなってきた分を、現金として支給すれば元通りになるんでしょうか。

私は、このまま流通貨幣を増やし続けても、経済に歪ができるような気がしています。ローンだったものを、現金として支給。価値としてはかわらないのかもしれませんが、流動性がぐんと上がります。日本、アメリカと、以前と同じ水準まで保有資産価値が上がったとします。でも流動性は以前より上がっています。日本とアメリカ、同じ動きをするでしょうか。

私が気にしているのは、国民性。アメリカの会社と日本の会社、同じだけのお金が入っても、使い方はちがうだろうなと。すると、今までとは違ったバランスポイントができるため、2007年からみると、ちょっとおかしなカタチになるように思います。それでしばらく、あーでもないこーでもないと、論争が続くでしょう。

そうなると、「本当に回復できるのか」ってのが気になりますよね。なんともいえないのですが、日刊現代GW特大号には、結構悲観的なことが書かれていましたよ。一般国民にはどうにもできないことなんですけどね。

あんまり動かずに、アメリカが回復するまで耐えることです。欧州中銀も、なんでいまさら貸付期間の延長をしたんでしょうね。つまり、なんでもっと早く見抜けなかったのかと。

GWには、ちょっと前向きな動きがあったように思いますが、失業率が高い中、量的緩和に本当に意味があるのかと、疑問を持っております。あ、あの高速道路の料金、実は無料化にしたほうが経済効果が高いと試算が出ていたんですよ、知ってました? 雑誌に書いてありました。


A Life Summary of an Gypsy