「LibreOffice」タグアーカイブ

LibreOffice Calc: マッチした表の別の列の値を取得する


LibreOffice Calc でマッチした表の別の列の値を取得する方法です。

続きを読む LibreOffice Calc: マッチした表の別の列の値を取得する

LibreOffice: データベースのデータをスプレッドシートで表示する


Warning: Parameter 2 to qtranxf_postsFilter() expected to be a reference, value given in /home/and-beyond/www/main/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

LibreOffice の Calc と Base を使い、 データベースの値をスプレッドシート上に取得する方法を紹介します。 スプレッドシートに取得・表示したデータは、表やピボットテーブルに活用することができます。 以前 「Windows, Excel: データベースから直接値を取得して表示する」で、 Excel, ODBC を使ってデータを扱う方法を書きましたが、 LibreOffice を使えばそれも無料でできます。

続きを読む LibreOffice: データベースのデータをスプレッドシートで表示する

LibreOffice Calc: Basic でセルをまとめて扱う


Warning: Parameter 2 to qtranxf_postsFilter() expected to be a reference, value given in /home/and-beyond/www/main/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

Warning: Parameter 2 to qtranxf_postsFilter() expected to be a reference, value given in /home/and-beyond/www/main/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

無料のスプレッドシート LibreOffice Calc のセルを、 Basic の中でまとめて扱う方法について書きました。 Microsoft Office Excel の VBA では、 Range として複数のセルを扱うことができますね。

続きを読む LibreOffice Calc: Basic でセルをまとめて扱う

LibreOffice Basic: サブプロシージャ・関数


Warning: Parameter 2 to qtranxf_postsFilter() expected to be a reference, value given in /home/and-beyond/www/main/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

LibreOffice Basic でのサブプロシージャ・関数の書き方をまとめました。 だいたい VBA と同じですが、 気を付けるべきところもあります。

続きを読む LibreOffice Basic: サブプロシージャ・関数

LibreOffice Basic on Calc: 再描画を停止する方法


Warning: Parameter 2 to qtranxf_postsFilter() expected to be a reference, value given in /home/and-beyond/www/main/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

LibreOffice Calc でスクリプト実行時にセルの再描画を止める方法です。

続きを読む LibreOffice Basic on Calc: 再描画を停止する方法