Raspberry Pi B+ を WiFi につなぐ方法


Raspberry Pi を WiFi (無線LAN) につないだ方法を書いておきます。


環境

使用したのは Raspberry Pi B+ ですが、 Raspberry Pi なら他の環境でも同じようにできると思います。

Raspberry Pi には OS が既にインストールされているものとして話を進めます。 私が OS をインストールしたときの手順は Raspberry Pi B+ に RASPBIAN JESSIE LITE をインストールした方法 に記載しています。

また、 USBキーボード と HDMI でつながるディスプレイ が必要です。 (クロスケーブルでPCと直接つないで作業することもできると思いますが、私は直接キーボードとディスプレイをつないで作業しました。)

無線LANアダプタの決め手

なぜ PLANEX GW-USNANO2A を使ったのかを書いておきます。

PLANEX 無線LAN子機 (USBアダプター型) 11n/g/b 150Mbps MacOS X10.10対応 GW-USNANO2A (FFP)

こちらの商品は1000円を超え、最安値の商品ではないですが、 消費電力が 1.3W と非常に低いです。 Amazon の評価を見ても、 他の製品より安定した評価です。 またその他インターネット上の評価が高かったことも決め手です。

無線LAN設定

PLANEX GW-USNANO2A を Raspberry Pi 本体に接続して Raspberry Pi の電源を入れます。

まず、 root ユーザ になります。

そして、 次のコマンドを実行します。 YOUR_SSIDYOUR_PASSPHRASE は使用する SSIDPASSPHRASE にしてください。 SSID に括弧が含まれる場合は、 SSID 全体をダブルクオート(“)で囲んでください。

これで OK です。 他のサイトには他の手続きも書かれていますが、これだけでつながります。

次のコマンドを実行して再起動しましょう。 無線ルータが起動していてネットワーク圏内なら自動的に無線LANがつながります。

設定確認

設定確認は次のようにして行えます。

これで応答が返ってこれば設定完了です。 Ctrl + C で終了してください。

最後に次のコマンドを実行して Raspberry Pi をシャットダウンします。