LibreOffice: Basic でのループ


Warning: Parameter 2 to qtranxf_postsFilter() expected to be a reference, value given in /home/and-beyond/www/main/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

Warning: Parameter 2 to qtranxf_postsFilter() expected to be a reference, value given in /home/and-beyond/www/main/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

LibreOffice Calc で上から順にセルを編集したい場合があります。 そういったときに使えるループの方法をまとめました。

環境

  • LibreOffice 5.2.0.4

サンプル

処理する回数が決まっている場合

処理する回数が決まっているなら下限と上限を設定して For でループができます。

下のサンプルコードでは、 ループを使って LibreOffice Calc のセルの背景色を変えています。

For の後ろに Step 2 と書けば、 ひとつ飛ばしてセルを順に扱います。 テーブルを縞模様にしたりできます。

ループを途中で抜ける場合には、 Exit For を書きます。 Visual Basic と同じですね。

条件が満たされる場合にループを行う場合

LibreOffice Basic でのループのパターンは数多くあるのですが、 多くの言語にある while (condition) { ... } の形式になるものを紹介します。

ループを途中で抜ける場合には Exit Do を書きます。