「ログイン」タグアーカイブ

WordPress: プラグインが原因でログインできなくなった場合の対処法


ある日 Sorry, your request cannot be accepted と表示されて、ログインすらできなくなってしまいました。 そのときの対処法をまとめました。

もし私と同じようなメッセージが表示されている方は参考にしてみてください。 私の場合は IP GEO Block プラグイン が原因でした。

続きを読む WordPress: プラグインが原因でログインできなくなった場合の対処法

OpenShift: ssh で ログイン する方法


Warning: Parameter 2 to qtranxf_postsFilter() expected to be a reference, value given in /home/and-beyond/www/main/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

Warning: Parameter 2 to qtranxf_postsFilter() expected to be a reference, value given in /home/and-beyond/www/main/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

Warning: Parameter 2 to qtranxf_postsFilter() expected to be a reference, value given in /home/and-beyond/www/main/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286

OpenShift へ ssh でログインする方法です。

試した環境

  • OS: Ubuntu
  • rhc 1.38.4
  • Openshift Gear: 1 small

事前準備

OpenShift の Webコンソール から、 ssh で使用する鍵を登録しておきます。

ログインする方法

rhc を使う

OpenShift のアプリケーション名を rhc ssh の後につけます。 たとえば OpenShift のドメインが app-domain.rhcloud.com となっているなら rhc ssh app となります。

認証トークンをローカルマシンに保存していない場合、接続時にパスワードを求められます。 認証トークンは rhc setup で作成することができます。

ssh を使う

rhc を経由せずに ssh を使う方法です。

OpenShift の Webコンソール 右下に表示されている ssh コマンド を実行します。 または、 rhc apps を実行すると ssh の欄に AAAAAABBBBBCCCCCCDDDDDD@app-domain.rhcloud.com という文字列が表示されるので、 それを ssh の後につけてコマンドを実行します。

パスワードの入力などは必要ありません。