Kenji のすべての投稿

英語の発音、オバケとゴマが解決する! 『オバケの英語』


日本人英語発音が苦手と言われます。その理由は、簡単にいえば、英語のほうが多くの音を使うからです(参考:『きれいに話すための発声・発音トレーニング』)。そのため、発音をマスターしないと英語は話せません。そこで、多くの人が発音を学ぼうとするのですが、では何を使って学ぶのが”いい方法”なんでしょうか。

英語の音を真似すれば、問題なく習得できます。でも、何度も CD を聞いて真似をしていたら、発音を身に付けるだけでかなりの時間を使ってしまいます。ポイントだけさっさとマスターしたいですよね?

そこでおすすめするのがこの本です。『オバケの英語』。英語発音に関する本は、『英語耳』などいろいろと出ていますが、『オバケの英語』は、今までの本とはまったく違う書き方をしています。口の動きがとても理解しやすいのです。その書き方についてちょっと説明しますね。

「ゴマ」を使っています。

ハィ、これだけではわかりませんね。では P.50 にある [k] の発音についての記述を少しだけ見てみましょう。

無声子音 k は、舌の後部を持ち上げて、
上あごの奥に張り付いてたゴマをクゥッと吹き飛ばす。

なんのことやら、と思った方もいることでしょう。しかしこの説明は、とっても具体的で、また実際の発音正確に著しています。もちろん、図もついているので、迷うことはありません。今までの本だと、図がついていても、その後の息の使い方まではわからなかったのではないでしょうか。

更にこの本の方法では、実際にゴマを使って自分の発音を確かめることができます。今までの本では、自分の発音を確かめるためには、外国人に聞いてもらわないといけなかったはずです。自分の声を録音して聞いたところで、それが正しいのかどうかを判断するのは難しいですよね。

たかがゴマ、されどゴマです。[k] は、日本語の「かきくけこ」も使っている音ではありますが、日本語の発音ではゴマを飛ばすことはできません。英語は日本語に比べて、息を巧みに使う言語です。日本語よりも、子音ひとつひとつを大切に発音し、使う息の量も日本語とは比べ物になりません。ゴマを使うことで、息の使い方まで習得できてしまいます

その他の内容としては、発音に配慮して作られた英語の文章があります。これは、ポイントが協調されて書かれているもので、通常の英文を読む場合に比べて発音への意識が刺激され、意識的に発音を身に付けることができます。また CD も付いているので、実際の音を聞いて、更にブラッシュアップすることが可能です。

ゴマを使って習得しやすい説明をしたこの本、なぜタイトルが『オバケの英語』なんでしょうか。それは、オバケとの会話文だからです。小説の主人公になって話を読み進めていけば発音が身に付くというスグレモノ。難しい理論一切ナシの良書です。


抜いた歯を、また使う


親知らず等を抜いた後、の内部の細胞組織を壊さずに保存することができる。細胞組織を壊さないように保存しておけば、将来も使うことができる。

そう、将来も使うのである。

抜いた歯をマイナス150度の中で保存するのは、広島大学初のベンチャー企業スリーブラケッツ。2005年から始めたサービスらしい。マグロなどを冷凍するときの記述を応用したんだとか。

抜いたは、移植に使われる。移植ということは、別の人の歯になるということか? しかし、の形は一人一人違うから、使うのは自分自身のみ? もしそうだとしても、別の場所の歯を、本来の位置とは異なる場所に移植することは可能なのだろうか

移植実績は約100本。価格は、20年間の保存で13万円。4万円追加すると、最高40年間保存できる。日経には、「老後も食事を楽しむため」と書かれているが、老後まで保存しようとしたらいくらかかるのだろうか。罰し時期と老後のインターバルを考えると、だいたい40年間の保存か。なかなかユニークな保存企画。

EU は、本格的に雇用対策に乗り出した。現在の産業構造で、雇用枠を拡大するのは無理なので、起業を支援するそうだ。かなり手厚い支援だと思う。どんな企業が出てくるのか楽しみだ。

最後にひとつ。お金を払って将来のために歯を保存する前に、歯を大切にしましょう。